Skip to content

羽毛布団をクリーニングするとき

健康を維持するには快適な睡眠が必要です。

羽毛布団は軽くて暖かく、吸湿性や放湿性に優れており寝具としての機能性が注目されています。羽毛布団は打ち直しの必要がなく、お手入れをしながら大切に使用すれば長く使えるので経済的です。カバーをかけて使用しこまめに洗濯すれば布団の表面の汚れはさほど気になりませんし、放湿性に優れているので水分は発散されますが、寝ている間にかいた汗や皮脂などの汚れは羽毛まで浸透してしまいます。

布団は毎日使うものですので、どうしても汚れが溜まるのは避けられません。お手入れをせず押し入れなどに保管すると汚れの定着やニオイの原因になります。季節が変わり布団を変えるタイミングで羽毛布団をクリーニングに出すのがを長持ちさせる秘訣です。

とはいえ、清潔に保つため頻繁にクリーニングに出すのもおすすめできません。なぜならクリーニングには羽毛を傷める可能性も含んでおり、寿命を縮める恐れがあるからです。日頃のお手入れを行っている前提で言えば、クリーニングに出す頻度は3~5年に1回程度を目安にするとよいでしょう。

側生地がシルクだったり、ノンキルト加工の場合、水洗いできませんのでドライクリーニングを指定する必要があります。取り扱いが難しい羽毛布団は羽毛の特化した専門店に依頼すれば安心です。依頼から手元に戻ってくるまでの期間は1週間から2週間程かかるのが一般的です。最近ではインターネットで依頼すれば自宅まで取りに来てくれるサービスもあるので便利です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です