Skip to content

羽毛布団のクリーニング方法

羽毛布団は毎日使うもので、汗や皮脂などを吸って汚れていくものなのでクリーニングが必要ですが、頻繁に丸洗いすると側生地が傷んで破け、羽毛がはみ出してしまったり、羽毛を保護している油分が落ちてしまう問題があります。

推奨される頻度は業界によって意見が分かれていますが、3年から5年に1回程度で良いでしょう。ただし、長持ちさせるためにカバーの洗浄や日干しなどの日常的なメンテナンスは行います。羽毛布団のクリーニング方法ですが、メーカー推奨になっているドライクリーニングを鵜呑みにしないように注意します。

この洗い方は通常は家庭で行えるものではなく、専門店に持ち込むように誘導するためのものです。羽毛の油分を洗い流してしまうので適切な方法ではなく、もし家庭で行える環境であったとしても水洗いにしましょう。コインランドリーで羽毛布団を洗うこともでき、専門店と比べて安価になります。

しかし、全て洗えるものではないため、側生地に洗えると記載があり、コインランドリーの機械も羽毛布団の洗濯が可能になっていることを確認しましょう。洗剤は中性洗剤にすると羽毛を痛めずに済みます。乾燥機を使う際には大きいものを使用し、1枚ずつ入れて全体がしっかり乾くようにします。

持ち帰った後に1日かけて日干しするとより確実に乾きます。なお、自宅やコインランドリーで洗って失敗した場合には自己責任で補償されません。高級な羽毛布団を使っている場合は費用を節約せずに専門店にクリーニングを依頼するのが無難です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です