Skip to content

長年使った羽毛布団のクリーニングについて

羽毛布団はとても断熱効果が高く、冬場でも一枚だけで十分に暖かく眠ることができますがそのクリーニングには頭を悩ませてしまいます。

まず羽毛布団自体はとても高密度なカバーを使っているために汚れにくいということを知っておきましょう。カバーのメッシュはとても細かいので、布団などの汚れの原因であるダニやカビが入れなくなっているのです。それでも長年使い続けることで汚れるので、おおよそ5年から10年ごとにクリーニングに出すといいでしょう。

羽毛布団は羽毛を使っているために普通の洗濯ではよくないというイメージがありますが、普通に洗濯機などで洗うことは可能です。
しかし、とても膨らみやすいので洗濯機に入れるとなかなかうまく洗ってくれないのも事実といえます。風呂場で手洗いしてから脱水を行うのもいいのですが、面倒なので羽毛布団をクリーニングに出すといいでしょう。クリーニング屋で洗ってもらえば乾燥まで念入りに行ってくれるのでとてもきれいに仕上がります。

羽毛布団をきれいに使っていきたいならば、頻繁にクリーニングするよりもカバーをかけて使うといいでしょう。そのかけたカバーを定期的に洗えば羽毛布団は長くきれいな状態を保つことができます。ただし、これらの情報は掛布団として使う場合であって敷布団で使う場合は別です。

敷布団で使う場合は下に向かう寝汗によって汚れやすくなるので、ワンシーズンごとに洗う必要が生じるということを知っておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です