Skip to content

羽毛布団をクリーニングに出す頻度とは

一言で羽毛布団といっても、数万円から100万円以上と、その値段には大きな幅があります。

婚礼品として用意した高価で思い入れのあるようなものであれば、できる限り長く使用したいと思うのは当然のことでしょう。羽毛布団はクリーニング代も高く、見た目がきれいな状態であればクリーニングに出すの躊躇してしまう人も多いでしょう。また羽毛布団はどれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのかからないという人も多く見られます。

あまりにも頻繁に羽毛布団をクリーニングに出してしまうと、布団自体を傷めることにつながる可能性もあるでしょう。まず厚生労働省は、ホテルや旅館などの業者に対して、布団や枕は6か月に一回以上、丸洗いすることが望ましいとしています。しかし自分で使う布団と、宿泊客に使ってもらうことでは、取り扱いのニュアンスが異なるでしょう。もちろん環境や汚れ具合によっても違うといえます。

そもそも羽毛布団のメンテナンスとしては、布団カバーをこまめに洗濯する、定期的に天日干しをする、万年床にしないというようなメンテナンスとなることが大前提となります。羽毛布団を干す際には、吸湿性、放湿性に優れているので、天気のいい日2時間ほど干せば十分といえるでしょう。

しかし皮脂や汗に含まれる塩分、ダニ、ほこりなどまでは、これらのメンテナンスですべて除去することはできません。全く洗わないということは衛生上よくないので、目安としては2から3年に一度の頻度でクリーニングに出すとよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です