Skip to content

羽毛布団のクリーニングを行うタイミング

羽毛布団というのは、長い期間使用することができますが、定期的にメンテナンスを行わないと、本来持っている機能を十分に発揮することができません。

外見が汚れていなければ問題ないと思っている人も多いかもしれませんが、寝ている間についてしまった皮脂や汗~の塩分、ホコリやちりなどは日干しをしても発散されませんから、クリーニングに出して洗浄してもらう必要があります。

羽毛布団のクリーニングを行うメリットとしては、羽毛にからみついた汚れをきれいに洗い流すことができ、ボリュームをよみがえらせることができます。頻繁にクリーニングを行うと日々蓄積する汚れを取り除くことができると思っている人も多いかもしれませんが、クリーニングを行うと、汚れを落とすだけではなく、側生地も傷つけてしまうというデメリットもありますから、こういったデメリットもあることをふまえる必要があります。

本来、動物の羽である羽毛は、油分を含んでいます。羽毛の洗浄工程では、余分な油分は取り除かれますが、吸湿発散性や羽毛の保護のために、わずかな油分は残しています。これを、クリーニングを行うことで、油分が落とされてしまうと、ダウンホールが壊れてしまい、保湿性が低下してしまいます。

頻繁に羽毛布団の洗浄、乾燥を繰り返してしまうと、通気性が大きくなった生地から、羽毛が飛び出すようになってしまい、布団の寿命を縮めてしまうことになりますから、注意が必要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です