東京都で多摩地域はダンス教室が多い事で全国的に知られています。

多摩地区は、昔から都心に通うサラリーマンのベッドタウンとして発展しました。モダンな趣味を愛する人が多く、自然にダンス教室が多くできたとのです。長年続いている歴史のあるダンス教室があるかと思えば、公共施設のなかにカルチャスクールにはダンスの科目が必ず入っているのも多摩地域の特色です。多摩ニュータウンは、かって日本最大規模の開発されていました文化の発祥地としてダンス界のメッカと言われた時期もありました。

その流れは、立川・三鷹・吉祥寺と言った繁華街にダンス教室が多いことにつながっています。若い人向けのヒップホップダンスからフラダンス・タヒチアンダンス・社交ダンスまで様々な種類のダンス教室が駅から5分以内の所にあり通勤。通学の帰りに立ちよって楽しむ人が増えているのです。文化が発展するところにダンスありと言いますが、ダンスは未経験者が体験することで97%満足して継続するといいます。

それほど初心者が入りやすい分野です。時間があればどこでもステップなら踏むことができます。空いた時間をレッスンに使えばいいのです。衣装などで自己主張ができるのでファッションの一部に取り入れている人もいます。上手くなくてもレッスンに参加できるだけで楽しいのがスクールに通う目的です。駅からも近いので時間の調整もしやすいです。趣味になるとダンスが日々の生活の一部になっていきます。それこそダンスを学ぶことのリッチさです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *